認知症における昼夜逆転と夜間せん妄とは

1

普段私達が生活をしていて、
休みの日に少しだけ昼寝をしてしまった。

いつもより遅くまで寝てしまった、
等、よくある事ですよね。

しかし、
ほんの少し生活のリズムが変化しただけで、
夜になかなか眠れなくなってしまった、
なんて事も。

でも、あっという間に休日も終わり、
無理矢理にでも元のリズムに戻される。

そんな日常もあると思います。

認知症の方も同じです。

たとえ施設や病院であっても、
何らかの原因で生活リズムが変化してしまうと、
昼と夜の感覚がズレてしまう事があります。

いったんリズムが崩れてしまうと、
私達よりも、その修正は難しくなると考え下さい。

さらにはそのリズムの変化(昼夜逆転)によって、
夜間におかしな発言をしたり、
時には家を飛び出してしまう等、
突発的な行動を起こす事があります。

そんな事になれば危険を伴い、目も離せません。

ここでは認知症における、
昼夜逆転、夜間せん妄について、
原因や対処法を含め、詳しくご説明してゆきます。

 

 

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA