認知症と徘徊

「徘徊」なぜこのような行動があるのでしょうか?
ひたすらに歩き続けたり、満足?ゆくまで歩く。

車椅子の方であっても同じで、
車椅子で廊下や室内を動き続けている。

自宅においては、いつの間にか出かけてしまい、
迷子になっていた、保護され戻ってきた。

歩く、動く、さまよっている様にも見える。

いったい何が目的なの?
どこに向かい、何を探しているの?

そんなに沢山動いたら、とても疲れるでしょう、
私にはあなたのゴールが見えないの・・・。

少しだけ詩的、になりましたが、
ここでは「徘徊」についてご説明いたします。

1
引用元:https://www.scribendi.com/advice/the_wandering_only.en.html

 

 

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA