短時間でできる!有料老人ホームの空き部屋情報の集め方

111

家事と仕事、
そして介護を毎日両立し、
身も心も休まることのない日々を送っていませんか。

年々、
介護に費やす時間が増えてきて限界を感じていないでしょうか。

そんな介護者さんたちの受け皿となるのが老人ホームです。

老人ホームにも色々な種類があって、
介護者さんにとって、身近でポピュラーな老人ホームに、
特別養護老人ホームという老人ホームがあります。

ですがこの特別養護老人ホームは、
厚生労働省が定めた法により、
平成27年4月1日より、原則、要介護3以上の方しか入所できなくなりました。
※なぜ、要介護3以上でなければ特別養護老人ホームに入れないのか?

国が設置している老人ホームである特別養護老人ホームに入るには、
要介護3以上の重度の介護状態でなければ入所することはできない。

しかも全国には50万人以上の方が、
特別養護老人ホームに入る順番を待っています。
※特養待機52万人、4年で10万人増 厚労省調査

 

図1

%e5%9b%b31
【出典:厚生労働省】
特別養護老人ホームのように、
介護度による入所条件が厳しくないこと。

施設によっては重度の介護度の方でも入所できること。

このような理由から、
特別養護老人ホームに代わる老人ホームとして、
有料老人ホームが介護負担に悩む介護者さんにとって、
現在では助け舟のような存在となっています。

この数年、
介護業界に民間業者が数多く参入したことで、
全国に数多くの有料老人ホームが建設されていますが、
いざ探そうと思っても、
「どうやって有料老人ホームを探せばいいの・・・。」
「どこか空き部屋がある有料老人ホームを教えてくれるところはないの・・・。」

こんなことで困っている方も、
数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなことで困っている方々の為に、
わずかな時間を使ってできるだけ簡単かつ具体的に、
有料老人ホームの空き部屋や料金などについて情報を得る方法を、
わかりやすく解説していきます。

 

目次

 

 

 

1.有料老人ホームの空き部屋を探すなら、この3か所で探す!

ではここからは、
有料老人ホームの空き部屋を探すためには、
どこで情報を得ることができるのか?

どこに行けば空き部屋情報をできるだけ簡単に、
確実な情報を得ることができるのか?について、
詳しく解説していきます。

有料老人ホームの情報収集窓口として、
介護保険の代表的な窓口である、
この3つの場所から集めることができます。

1.介護保険制度の出先機関である、地域包括支援センターhttps://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/riyousha/shiritai/service/460.html
※【介護情報かながわ】より抜粋

 

2.市区町村の役所や役場などの、介護保険の窓口
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f12650/
※【介護保険に関する相談について】より抜粋

 

3.居宅介護支援センター
https://www.kaigokensaku.jp/publish/group1.html
※【介護事業所・生活関連情報検索】より抜粋

この3つの機関に共通していることは、
どれも市区町村の設置している機関であることと、
どの機関にも介護の専門家が配置されていること。

そして公共の機関であるために、
相談にかかる費用が発生しないという共通点があります。

ですが、
公共の機関であり、介護者さんにとって、
とても便利な機関にもかかわらず、

意外と存在を知られていないのが、
この3つの機関でもあります。

次の章で早速、
この3つの情報収集の窓口について詳しく解説していきます。

1-1.有料老人ホームを地域包括支援センターで探してもらう方法

この地域包括支援センターという機関は、
介護保険制度で定められた、
地域介護の相談窓口の役目を持つ公共の機関です。

このセンターでは、
在宅介護から施設入所や高齢者の生活相談まで、
高齢者にかかわる全般の総合相談窓口と位置づけられています。

 

図2

%e5%9b%b32出典:厚生労働省ホームページより
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link2.pdf

介護に悩む方や高齢者さんにとって、
とても強い味方になります。

また公共機関ですから、
何度相談しても無料!というとっても便利な窓口が、
この地域包括支援センターです。

ですが、
こんな便利な機関なのに意外と認知度は低く、
お住いのご近所に必ず1箇所は設置されている場所であることを、
知らない方が意外と多いのもこの地域包括支援センターです。

センターの所在地や名称、電話番号などは、
ご自宅にある電話帳に必ず載っていますし、
インターネットからでもお住いの地区の包括支援センターを
検索することもできますのでぜひ参考にしてみてください。
全国の地域包括支援センター

地域包括支援センターには、
ケアマネジャー(介護の専門家)・看護師(医療の専門家)・社会福祉士(行政担当)の
3名が必ず配置されています。

この医療・介護・行政担当の3名が、
センターの配置されている地区の施設の空き状況や、
入居の申し込み方法などの情報を常時把握していますので、
忙しい毎日のなか施設探しに時間が割けない家族の方や、
入所施設を探しているご本人にとって強い味方になってくれます。

センターの近隣にある有料老人ホームも、
自分の施設に空きが出た時などにはこのセンターの空き情報を伝達するなど、
施設を探している高齢者のニーズを探るために、
このセンターを常に利用しています。

空き部屋情報について、
タイムリーな情報を得やすいのもこの地域包括支援センターです。

相談する際には、
毎月支払いできる金額や、
入居させたいと思っている方の情報(お体の状態や要介護度)などを、
センターの職員にできるだけ具体的に伝えると適格な情報を得ることができます。

相談や情報提供を受けることに関して、
料金は一切発生しませんし、
当然ですが個人情報の守秘も厳守してくれます。

入居を希望される施設が見つかった際には、
施設とご家族との橋渡しもしてくれますので、
日々お忙しいご家族や御本人にとって、
施設探しから入居に至るまでの相談をこのセンターで全て行えるというメリットがあります。

また電話での問い合わせも、
センターの開所時間内であれば何度でも可能ですし、
時間が合えばセンターの職員がご自宅まで来て直接相談にも乗ってくれます。

電話帳やインターネットで、
お住いの地区のどこにセンターがあるのか、
事前に調べておくとよいと思います。

 

 

12.有料老人ホームを家の近所の役所でさがしてもらう方法

お住いの市区町村の役所には、
介護保険にかかわる相談窓口が必ず用意されています。

ここでは主に、
介護保険サービスを使うための手続き方法や、
介護保険の申請方法などを担当職員がレクチャーしてくれます。

また、
介護保険サービスを使う際の相談や、
地域に所在している施設の空き情報なども教えてもらうこともできます。

役所の窓口では施設の一覧を記したものや、
地域包括支援センターの所在地や電話番号が記された、
用紙が必ずおいてあります。

この用紙には、
ご自宅の近くにどんな施設があるのかもわかりますので、
事前に入手しておくとよいでしょう。

 

 

13.有料老人ホームをケアマネジャーに探してもらう方法

介護保険サービスを使う時や施設入所を検討する際に、
一番身近な窓口になってくれるのが、
居宅介護支援センターです。

この居宅介護支援センターには、
ケアマネジャーさんだけが配置されていて、
地域包括支援センターの様に看護師や社会福祉士は配置されていません。

居宅介護支援センターの主となる業務は、
これから介護保険サービスを使いたい人に対して、
介護保険の申請手続きの支援をおこない、
すでに介護サービスを使っている人に対してケアプランを作成し、
介護サービスがご本人の生活支援に役に立っているのかをチェックする。

これが居宅介護支援センターと、
ケアマネジャーの主な業務となります。

地域包括支援センターとの違いは、
地域包括支援センターの主となる業務が、
地域住民への介護相談や健康相談などに対して、
居宅介護支援センターは、
主として介護サービスの調整やケアプランの作成などが主な業務となります。

在宅で生活されている高齢者さんや、
介護をされているご家族への支援も主な業務となることから、
地域の介護サービス事業所の空き状況や施設への入居の方法、
料金の違いなどにも精通しています。

施設の空き情報や料金などについての情報を知りたいときには、
一度、電話で問い合わせしてみるとよいでしょう。

問い合わせの際には、
入居させたい方の簡単な情報(お体の状態)や、
支払い可能な金額なども伝えると、
それにあった施設を探してもらうこともできます。

 

 

 

 

2.有料老人ホームをインターネットで探す方法

有料老人ホームの空き情報や料金などについて、
先程は役所やケアマネジャー、地域包括支援センターなど、
これら公的な機関を利用する方法をお伝えしてきました。

ここからは、
インターネットを使って情報入手する方法についてお伝えしていきます。

最近ではインターネット上にも、
介護に関する情報が数多く載せられていて、
介護施設を探すための無料情報サイトも多くみられます。

今回はその中から、
有料老人ホームなどの施設情報を多く扱っている、
代表的な2つのサイトをご紹介いたします。

 

 

21.有料老人ホーム探しのネット無料窓口が“みんかい”

インターネットで有料老人ホームを探す際、
無料で相談に乗ってくれる代表的なサイトが、
“みんかい”というサイトです。
http://minkai.jp/

このサイトでは、
関東1都6県にわたる広範囲で情報を入手できるのが特徴です。

問い合わせについては、
電話(年中無休)での問い合わせか、
メールでの問い合わせを行っていて、
電話やメール以外にも数か所問い合わせの出先機関も配置しています。

またこの企業では、
施設情報や介護保険にかかわる情報などをまとめた小冊子も発行していて、
この小冊子も無料で取り寄せることができます。

問い合わせなどはすべて無料で行ってくれますし、
ケアマネジャーさんのなかにも、
この企業の小冊子を持っている方も多くいるぐらいに、
有料老人ホームなどの介護施設情報については、
かなりの範囲をフォローしているサイトです。

 

 

22.全国の有料老人ホームをインターネットで探す方法

先ほどご紹介したみんかいは、
主に1都6県の有料老人ホームの情報を扱っているサイトでした。

これからご紹介する、
“有料老人ホーム総合ご案内センター”は、
全国の有料老人ホームの情報を扱っているサイトです。

それが、
‟有料老人ホーム総合ご案内センター”です。
http://www.cordially.jp/

先ほどご紹介した“みんかい”との最も大きな違いがあります。

みんかいでは1都6県に重点を置いた情報発信をし、
個々の施設の情報についてかなり詳細に掲載していますが、
この有料老人ホーム総合ご案内センターでは、
全国にまたがる広範囲をフォローしている為に情報が広く浅く掲載されています。

施設情報もやや古めの情報が掲載されているなど、
新規に開設された施設が掲載されるのも、
若干のタイムラグがあるようです。

こちらのサイトも、
相談や資料請求はすべて無料で行ってくれます。

ですが、
問い合わせに関してはまずネット上で問い合わせフォームに入力し、
問い合わせ先からの返答を待つ必要があるため、
急ぎの情報が欲しい時などには、
地域包括支援センターなども併用すると良いでしょう。

 

 

 

3.有料老人ホームを探すときこれだけは絶対に知っておいてください

有料老人ホームを探す際に、
最も重要で最も時間を費やすこと。

それは情報収集です。

そして、
有料老人ホームの情報を集めるとき、
これだけは知っておいて欲しいことがあります。

それは、
入居するときの料金の相場はどれくらいなのか。

入居するために条件はあるのか。

寝たきりになった時や認知症がひどくなった時でも、
最後まで面倒を見てくれるのか。

など、
有料老人ホームに入居するためには、
まず最低限これぐらいの情報を集めておくことが必須です。

ようやく、
家の近所で有料老人ホームの空き部屋が見つかった。

でも入居してみたら、
料金のわりにサービスが不十分のような気がする。

せっかく見つけた老人ホームだけど、
このホームで歩けなくなった時に車いすを使うようになったら、
別の施設に移らなければいけない老人ホームだった。

入居した後で、
「こんな老人ホームだと思わなかった・・・。」

なんてことにならないように、
先ほど挙げた点は有料老人ホームに問いあわせをする時や、
見学をする際などに必ず確認するようにしてください。

今回お伝えした内容が、
有料老人ホームを探すときのお役に立てることを切に願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA